« 建築 (分離と接続) | トップページ | 交通 (分離と接続) »

2016年3月26日 (土)

公園 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

訪れるものにとって楽しく、嬉しく、癒しとなる場です。

そこには様々な存在がいるし、訪れます。

ルールはもちろんありますが、そこにいるみんな、

そのルールを守ることに不満や制限を感じることはありません。

みんなその場に何をしにくるかを知っているからです。

その場を壊しにくる存在はいません。

理由:

繋がっていることが前提での公園というのは

主に「自然」のことをいいます。

そこには動物たちや昆虫たち、植物たち、樹木たちなど

様々な存在たちが暮らしています。

その場の一部を人が通れるように植物がよけてくれていたり、

動物たちと触れ合ったり、多種多様な生命体の進化を観察したり、、、

人と自然が優しく関わり合える場を「公園」といいます。

みんなが気ままに寛いだり、

音楽やダンスを楽しんだりします。

スポーツなどはそれができる施設があるのでそこでします。

地上のように人を優先させた構造にはなっていません。

むやみにひとが入り荒らされるようなこともありません。

ひとが自然に入るときは裸足、もしくは地面から浮いて移動できる乗り物を使用します。

すべて自然を優先させたものになっています。

|

« 建築 (分離と接続) | トップページ | 交通 (分離と接続) »