« 子供 (分離と接続) | トップページ | 芸術 (分離と接続) »

2016年3月26日 (土)

国 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

今、地上で認識されている「国」「国家」というものはありません。

地域の違いや、規模、そこの人たちの特性、果たす役目など様々な違いはありますが

ただひとつ「すべては繋がっている」ということが法として適用されており

たくさんのコロニー、コミニュティが連合として機能しています。

それらは地球では地下に存在しています。

理由:

地上の国、国家というものですと

それぞれにルールがあり、すぐ隣の国だとしても

事柄によっては解釈がまるで逆になっていたりします。

さらに

その違いによって戦いまで起きます。

繋がっていることが前提の場合はそういったことにはなりません。

「すべては繋がっている」ルールのものと

それぞれの個性が生きるコロニー、コミニュティとして存在します。

もちろん、それぞれ特有のルールも設けてはいますが、

それらのルールが外からの訪問者を罰するようなことにはなりません。

訪問者はそのルールを快く受け入れることができます。

ルールの違いで争うことはありません。

それはそのルールが何かを強制するようなものではないからです。

そしてそれぞれのコロニーは非常に密接にやり取りされています。

住民たちも必要に応じて頻繁に行き来します。

自分たちの星が存在しているこの宇宙をよりよく運営するためには

争っていたり、戦ったりしているばやいじゃありませんよね。

それぞれの個性や特性を生かしあい

地球が、そして自分自身が役目を果たせるように活動するのです。

ですので地球が存在している太陽系、そして星座、銀河、、、

それらを管理運営する存在たちとも連携します。

そのように機能することで

自分たちのコロニーに壁を作り外部からの接続を絶ったり

他の領域を脅かすことなく、オープンに維持、そして進化できるのです。

|

« 子供 (分離と接続) | トップページ | 芸術 (分離と接続) »