« 心 (分離と接続) | トップページ | コンピューター (分離と接続) »

2016年3月26日 (土)

ゴミ (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

ゴミは発生しません。

ゴミが出たり、環境を汚すようなことは行われません。

理由:

繋がっている領域での人の生活では

ゴミというものは発生しません。

まず、地上の生活と違い「ものを持ちたい」という欲求がほとんどありません。

その「もの」というのは共有されるものであって自分だけが所有するべきものでないことを知っています。

もちろんお金もないので

「もっともっとほしい!」というようなことにもならないのです。

つまり何かを作るにしても余計に作られることはないということです。

なので、無駄が発生しないのでゴミがないのです。

生活の中で使われる道具などはすべてクリーンにして、リサイクルされます。

「捨てる」という価値観がありません。

さらに言うと

繋がっている領域での科学というのは

真に必要なことに使われ、何かに害を及ぼしたり決してしないので

「必要なものだけを分子の状態にまで分解し別なものに変化させる」などの技術も確立しています。

まあ、その科学というものがなかったとしても

人がまわりとの繋がりを忘れずに謙虚に生活(生命活動)していれば

ゴミは発生しません。

自然のサイクルでちゃんと還元できるようなもので

済む生活スタイルになるでしょう。

「自分だけは」「もっとほしい!」などの思い、感情、、、

つまり「分離していることが前提」で生活していますと、、、

たくさん作る必要が出てしまい、、、結果、余ります。

その余ったものがゴミとなります。

これはまた別な角度から見ますと

「分離している意識」から何かの事柄に対して

「自分から離れたから自分のものではない」「あとは知らない、、、」となってしまい

それらのことに意識を向けずに見失ってしまうことで起っていることがわかります。

繋がっている領域からするとありえないことです。

自分から距離を離すものがあったとしても、

それを「自分のものではない、知らない」とはなりません。

自分と繋がっているのですから距離が離れようと自分の一部なのです。

なので、繋がっている領域では自分から発生られるものは

まわりに害にならないものを厳選して出します。

もちろん無理やりでもなく。

気ままに楽しく。

結果

全部、自分にかえってくるので、よいものをだした方がいいわけです。

なので、ゴミというものは出ません。

|

« 心 (分離と接続) | トップページ | コンピューター (分離と接続) »