« 命 (分離と接続) | トップページ | 宇宙 (分離と接続) »

2016年3月26日 (土)

嘘 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

嘘は存在しません。

理由:

嘘とは、分離している意識の中だけで起こることです。

繋がっている意識の中で嘘はつく意味がないのです。

その必要がないのです。

では

なぜ嘘をつくのか。

嘘が存在するのか。

それは単純に自分のいまの立場を崩したくないから。

そうやって構築した立場をなんとか維持しようとするから。

いまの自分の立場

これが

分離を前提とした場合と繋がっていることが前提の場合だと

まったく別ものになってきます。

地上での常識では「立場」というのは崩れてしまうもの、、と捉えられています。

自分が日々生命活動する中で「こうありたい!」という自分とは逆の行いを未熟さゆえにしてしまい、

さらにそれが他人に明らかになってしまいそうになったとき

嘘をつきます。

他人にその未熟さが明らかになって、

自分の立場が崩れてしまうと、いまの自分の生活スタイルが大きく変化し下降してしまう、、、、

そうしたら、まわりのみんなから、、、社会から排除されてしまう、、、

生きていけない、、、、

と思い、それを回避しようと

「自分はミスしていません」「自分はそれをやっていません」と取り繕うわけです。

しかし、繋がっていることが前提の場合「立場」というものは崩れるものではなくなります。

あるがままの立場

となるだけです。

つまり未熟であれば、それをそのまま明らかにして生きる。

「こうありたい!」という自分自身とは違う様になったとしても

そのせいで仲間外れにされることはありません。

ありえません。

繋がっているわけですから、何かを排除しようとすること自体できません。

ありたい姿に向かっている途中に、それとは逆の様になったりするのは当たり前のことです。

その様だけを取り上げてその人を判断し差別することは、繋がっている世界では決してありません。

それはまさに自身を否定し見失うことと同じだからです。

なので自身がそのような状態だったり、まわりの誰かが逆の様になっていたとしても

それを否定したり、拒絶したりはしません。

ありたい姿に向かっている途中なだけので、より手厚くサポートしたらいいのです。

分離している世界では「ありたい姿」もかなり限定されてしまっています。

なので、じつは多くの人が自身の「真のありたい姿」ではなく、

分離の世界、、、世間で許されている「限定されたあるべき姿」に強制的に向かわされています。

自分自身では真に向かいたいと思っていない道で

さらに嘘までついているのです。

それは、、もう大変です、、、いろいろ壊れてきて当たり前ですね。

繋がっていることが前提の場合「ありたい姿」は限定されません。

「あるべき姿」は自分で決めます。

「そんな自由に決められちゃ、めちゃくちゃになってしまう!」と思われるかもしれませんが、

繋がっている場合、そういったことにはならなのです。

すべてが繋がっていることを知っている上での自身の「ありたい姿」というのは

まわりがめちゃくちゃになるような姿ではないのです。

その「ありたい姿」がみんなにとっても「なってもらえたらうれしい!」という姿なのです。

それに向かっている道の途中で起こる逆の作用は

変化を体感、体験する中で必要なことであって、いちいち特別に捉え怖がることではないのです。

そうやって自身のあるがままにそれを体験し、さらにまわりの真の愛のサポート体制があることで

本人にとって真のありたい姿を見失うことなく安心して向かえるのです。

それに

シンプルにすべてが繋がっているので、その人の思い、心もすべてまわりのみんなに伝わっているわけです。

繋がっている世界ではテレパシーは当たり前の対話の手法です。

その手法の対話で嘘は通用しません。

嘘という言葉もありません。

|

« 命 (分離と接続) | トップページ | 宇宙 (分離と接続) »