« 交通 (分離と接続) | トップページ | ゴミ (分離と接続) »

2016年3月26日 (土)

心 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

「心」はその持ち主の中心であり命の源です。

そして宇宙のすべての過去と現在、未来に繋がることができる意識の船です。

心は常に安定し、目的を理解し、進むことを望み、叶えながら、

その心が影響し、包み込む範囲を大きくし進化していきます。

心が折れる、、、

心が荒む、、、

心が空い、、、

というようなことにはなりません。

そのような思いは生まれません。

それは分離した意識の中にだけ発生するもので

繋がっている意識と行動の中では生み出されません。

理由:

繋がっている領域では

心が不安定になるのは子供のとき、成長期の時期だけで成人になってもそうなっていることはありません。

若い頃の感情の揺れ動きや湧き上がるフラストレーションを

上手に解消していくことができれば不安定な時期はそんなにながくは続きません。

今、地上で子供から大人までみんなの心、感情が不安定な状態になっているのは

子供の頃から自身の湧き出てくる思い、、、つまり

「心」に素直に向き合い、対話し、実現させていくことをしてこなかったことが理由です。

ほとんどが

世間という枠の中だけで活動するようにと子供の頃から仕込まれます。

素直な思いを言葉に出したり、表現したり、質問したりすると、、、

「それは普通じゃないからダメだよ」

「それは世間じゃ通用しないよ」

「意味がわからないことは言わないように」

、、、

と、枠の中におさまるように言います。

そのおかげで自身の真の心の道筋が断たれてしまい

そこで立ち止まるか、まったく意図しない場所に導かれてしまったりするのです。

そして

真の心の有り様を知らないために自身を見失い

そこから様々な問題が発生しているのです。

繋がっている領域では

「心(意識、意志)」がどのように発生し、作用し、影響し、かえってくるのかを

子供の頃から教育としてしっかりと伝えます。

もちろん子供たちもちゃんと理解します。

なぜなら、それを伝える大人たちがそれを活かし実践し望み(平和)を叶えているからです。

なので子供たちはそれを知りたいと思いば、大人たちを見て感じ質問すればよいのです。

「?」のままでうやむやにされてしまうことはありません。

たとえ、成長期に不安定な時期を過ごしたとしても

それは「安定」とは何かを知るための必要な時間でもあるのです。

そのようなものだということを知っていると不安定なままで止まることはありません。

その不安定をありのままの自分でしっかりと体験することで

自身にとっての安定、そしてその自身のまわりにとっての安定とは、、、

という意識に自然と向かうからです。

それに伴い

自分が大人になってどうのような使命を全うするのかが明確になっていきます。

その進化が楽しく、嬉しく、ワクワクするので

不安定なままで役目を果たせない自分でいる意味がないのです。

不安定な自分を認め、許し、受け止めることができれば

その姿からどんなふうに自分が変化し、進化していきたいのかもわかるのです。

しかしそれには

その先にはちゃんと真の自分が存在していることを

感覚として認識している必要があるのです。

それはまわりのサポートであったり、今までの先人たちの歴史であったり。

それが自分のまわりにあり、自分はサポートされているとわかっていれば

不安定なままで自分を見失ってしまうことはないのです。

そのように繋がっている領域では

まわりの存在たちもそれを愛で受け止めてくれるので

不安定な時期は長く続かず

心は安定するのです。

|

« 交通 (分離と接続) | トップページ | ゴミ (分離と接続) »