« 結婚 (分離と接続) | トップページ | 公園 (分離と接続) »

2016年3月26日 (土)

建築 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

人類が住んだりする住居、過ごしたりする施設などはまわりの環境のバランスを崩さない

場所に建設され、それに使われる素材もその星の運営に影響を及ぼさないものを厳選します。

人類の場合は地下の洞窟内を拡張し暮らすことが推奨されます。

木を使った建築はなくなります。

木は意識をもった生命体で、私たちが住むための家の素材になることが役目ではありません。

使われる素材は主に岩石ですが、それらの存在たちとは対話し、

彼らが了承してくれて、私たちのプライベートを優しく保護してくれます。

理由:

繋がっている領域の場合、

「人」という存在の意義は明確です。

それは

「地球のよりよい航行と進化のための一員」

として存在しています。

もちろんその役目は

人以外のすべての存在にも言えることです。

そして

それぞれが問題なく機能することで

互いが存在する意味も常にはっきりし、

真に協力しあえ進化が可能になるわけです。

そのような角度から人が住み、活動するべき場所はどこなのか、、、、となれば

それは現在も多くのスペースを有する地下の空間ということになるのです。

この地球にはたっくさんの巨大な地下空間があるそうです。

「いやいや!地上の方がたくさんスペースがあるだろ!」と思われるかもしれませんが、、、

、、、、

地上の空間は人以外の自然の営みそのままがいいのではないでしょうか。。。

よく考えてみてください。

多くの人が地上に多くのものを建てて

もとからそこに存在していた岩石、樹木や動物、昆虫など多種多様の生命体を無視してきた結果、、、、

抱えきれないほどの解決できない問題を引きずることになっているのでは、、、、??

そしてさらによくよく見てみてください。

人が介入していないところほど、多種多様の生命体が存在し

尚且つ「平和」も形作られているはずです。

つまり地上は本来

人以外の生命体、水や風、土、様々な自然現象のホームなのです。

、、、、

他人のお家におじゃまするときって、、、

謙虚であるべきですよね、、、

「しつれいいたしまーす」って。

でも、今の人の様はいかがなものでしょう。

地上、、、だけじゃないですね、、、、

地球は「私たち人間が管理する」って考えています。

その結果が今の状態です。

そして未だ、この歩み方で行こうとしています。

問題は解決しないまま、、、、

繋がっている領域ではこういったことは起こりません。

人がその星で、そして宇宙で行うべき仕事をしっかりとわかっています。

つまりそれは自分たちの様、特性を自覚し、

それが存分に発揮される場に位置することができるということです。

その人が住み、主に生活する場は

その星の地殻の中に自然にできた空間が最適なのです。

「じゃあ!暗闇の中で窮屈にくらせ!っていうのか!」と思われるかもしれませんが

心配はいりません。

繋がっている領域から

「人が真に心も体も快適に暮せ、さらにまわりの環境、自然の営みを壊さないようにするためには?」

という志を決して曲げずに追求していけば、それに必要なテクノロジーは発明されるのです。

地震や地殻変動にも耐えられるような金属。

それらを察知するためのセンサー。

人や他の生き物が必要な光を放つ鉱石。

水の心、意識をそのままに運べる水路。

地下のコロニー同士をつなぐ無料の交通網。

どこにでも自由に旅ができるので窮屈に感じることはありません。

さらに

繋がっていることが前提の場合の

建築、、、建物というのは

多くは丸みのあるものになります。

角ではなく

丸くなっていることでエネルギーが滞ることなく流れることができます。

そのようなことが自然に行われることでそこにある様々なものが

イキイキとして劣化することもないのです。

その構造物ができることによって生じるエネルギーの流れの変化と

その影響を考え、中でも外でも存在するものすべてにとって

心地のよい場になるように創造することが

繋がっている領域での建築というものです。

|

« 結婚 (分離と接続) | トップページ | 公園 (分離と接続) »