« 科学・科学技術 (分離と接続) | トップページ | 風 (分離と接続) »

2016年3月26日 (土)

学校 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

様々な分野、視点のことを学び、体得できます。

それに対して通常、時間などの制限はありません。

(なお、繋がっていることが前提での人の寿命ももちろん「好きなだけ」です)

いついつまでに資格を得なければランクが落ちるなどの期間や歳の制限はありません。

体得するスピードが遅いからといって劣っているということにもなりません。

自身が真にそれを体得するための時間や空間は自由に選択できるのです。

それぞれの資質、役目があるのです。

理由:

その子供や個人、グループがよりよく進化していくために必要な技を身につけるには

その人なりの道をその人なりのスピードで進む必要があります。

それらを統一させて同じスピードにしようとする方向性は、

結果その人の本来の良さ(使命)が発揮される道が封印されてしまい、

その人自身が生命活動する場、地球、宇宙の運行にも影響を出すことになるのです。

繋がっていることが前提での学びの場は

それぞれが希望のものを体得することを賞賛し、手厚くサポートします。

なぜなら。その体得したことは

自身だけではなく、まわりの存在すべてにとっても素敵なことであり大切なことだからです。

そして、その道を極めたと誰もが認めている存在から、それへの道の最適な歩み方を教えてもらい

ともに進化し、その技を極め、自身とそれにつながるすべてに対してそれを使うのです。

それらを体得できるところが学校、教室です。

今の地上にある一定量の情報を一定期間内に叩き込む施設とは違います。

その本人が必要な情報は「必要なだけ」もたらされます。

その生徒には何か必要なのかを教師がちゃんと把握しているからです。

そして

その情報も、ある特定の人物が分離した目線で見て、都合のよいところだけを選び、解釈しているものとは違います。

今の地上の情報というのは、分離している意識からほとんどが都合よく書き換えられているか、

全体のほんの一部分だったりするわけです。

さらにはその情報を発見、保持している存在の立場をなんとか保つために様々操作がされています。

そのような意識で操作された情報はそれを受け取った存在を混乱させます。

さらに子供のままであることを自覚していない大人たちが「先生」と名乗り、

さらなる操作をして伝えている状況です。

もう、めちゃくちゃです。

そして結果、

その情報が伝えられたものにとって真に必要ではないために

その情報を生かすことができずに日々を過ごし、進化できないまま

体だけ大きくなっていくのです。

多くの人たちは

紙に書かれた問題の答えは導き出せますが、

それ以外の紙に書かれていない問題、、、

子供達の問題、学校内の問題、それに関わる人たちの問題、、、、

つまり「意識や精神に記されている問題を全く解決できない」という現状を生み出しています。

問題を解決できない人たちが問題を出して、子供たちを判断し制御しようとしている状態です。

自分たちが問題を解決できないので、それ以上に問題が起きないように!という設定で囲みます。

答えがわかることにしか目を向けない姿勢です、、、、

わからないことは知らない、、、そんなものない!、、、、あるわけない!、、、と。

様々なものから目を背ける生き方になってきます。

それがまさに分離のマジックにかかっている状態なのですが、

そのような生き方によって、

真の問題の正解からも目を背けてしまうことになるのです。

繋がっている意識、領域での「先生」というのは問題が発生したとしても

それを解決できる能力をもった人、もしくはそれへの道を知っている人のことです。

もちろんその解決法は誰かや、どちらかが妥協するようなものではありません。

双方が真に納得できる道に導くことができるのです。

どのようなところにフォーカスしたらよりよい答えが導きだせるのかを知っています。

今は

「そんなこと無理だ!」と思われています。。。が、、、

たしかに分離している意識では無理です。

双方がちゃんと納得できる方法を導き出すには、

それぞれの過去の歩んできた道をしっかりと見つめ、引き出す必要があるからです。

先にも書きましたとおり今の都合のよいところだけを出して

都合の悪いところは隠したり、嘘をついたりした情報では真の解決法は見つからないのです。

だって、その隠しているところにこそ答えがあるんですから、、、、

真の教師、先生、師というのは、自分のすべての歩み(過去世も)を生かし、必要なときにそれを引き出し、

同じ間違いをしないよう、そしてよりよく進化できるように、その後ろを歩いてきている存在たちに自身を伝える者のことです。

それへの道で腹を立てたり、生徒を下に見たり、立場を必死に守ったり、、、

そんなことをする必要はどこにもありません。

そうだとしたら、それは先生ではないことの証明です。

自身の道を生かし生徒たちにちゃんと伝えきれていないのですから。

ちゃんと伝えることができていれば怒るようなことにはなりません。

今は「情報は教えるからあとは知らないよ~~」なので、残念ながら伝わりません。

「情報を共有し、ともに歩みましょ~~」となれば、自然と子供たちや生徒たちはついてきます。

しっかりと見つめ、ともに歩こうと。

その過程で何で生徒に腹をたてる必要があるのでしょうか?

生徒や子供達がマスターの真の心を見極めることができずに

感情的になることがあるかもしれません。

しかし、それを否定せず「あって当たり前のこと」と受け取り

優しくサポートすることによってその感情は次第にコントロールできるようになるのです。

多種多様な感情の現れを拒絶せず、あたたかく見守り、受け取ってもらえる環境があると知り、

さらに自身が学んだことがすべてに対して有効であり、さらに愛の角度で関わっていることを知ることができれば

まさに「すすんで学びたい!」となるのです。

学びは押し付けるものでもなく

無理に体得するものでもないのです。

自身にあった歩み方があるのです。

それをサポートし、ともに歩み、賞賛し、進化できる場が学校です。

|

« 科学・科学技術 (分離と接続) | トップページ | 風 (分離と接続) »