« 宇宙 (分離と接続) | トップページ | 運 (分離と接続) »

2016年3月26日 (土)

海 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

すべての海洋生物のために解放される。

漁業はなくなります。

お魚さんを食べることもなくなります。

速さ、動き、エネルギーはもっと大きなものになります。

それがまたまわりのすべての生命体に大きな恩恵を与えてくれます。

理由:

海、そして海洋生物たちにも意識があり、地上のそれらと同じで

地球を構成する大切な要素であり、さらに進化しようとしている存在だからです。

海とは「水」のことで、本来意識を持った存在です。

ただ今の地上の海やお水はその本来の役目を果たせずにいます。

分離の意識から生み出されるシステムによって、海、水の動きが相当滞っているからです。

そのシステムは自然の本来の営みを人間の都合によって変化させるものです。

すると海や水は本来「恵み」でしかないのですが、

逆の形で「災害のもと」としても受け止められてしまうのです。

繋がっている世界での海や水はそのままになっています。

もちろん人やテクノロジーがそこに介入する場合もあります。

しかし、その場合も海の営みが崩れることのない方法を厳選します。

決して人だけを優先した方法はとりません。

海を壊すことは結果「自分たちが壊れる」ことを知っているからです。

繋がっている領域で食料に困ることはありません。

作りすぎて捨ててしまう、少なすぎて足りなくなるようなシステムは導き出されません。

お肉やお魚を食べなくても植物さんの好意だけで我々は生きていけます。

もちろんそれにはそのお野菜さんたちも本来のパワーを取り戻す必要がありますが。

海は地球の血液であり、心臓であり、羊水であります。

それらに人の介入が少なければ少ないほど本来の流れのままでいられます。

そうなれば人の中の血液の病気の問題もなくなります。

|

« 宇宙 (分離と接続) | トップページ | 運 (分離と接続) »