« 寂しさ (分離と接続) | トップページ | 時間 (分離と接続) »

2016年5月27日 (金)

死 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

「死」という概念はありません。

理由:

地上で「死」と言われるような事柄は

繋がっている領域でも起こるときはあります。

でも滅多にはおきません。

そしてそこにいる存在たちは

それを「死」「死んでしまった」というようには受け取りません。

「変革」「進化」「祝福」と捉えます。

まず「殺される」「老衰」などの自身の意思に反して

それを迎えることはありません。

このようなことは「分離を前提とした社会」で位置づけされるもので

「繋がりを前提とした社会」では起こりません。

なぜか、、、

まず

「死」について考えてみますと、

人類にとっての永遠のテーマのひとつだと思われますが、

それの理由として

その「死の先が不明」というものがあります。

つまり「死」というものが明確にはどういったものなのか説明できない状態なのです。

わたしの

脳や心臓、体が動かなくなったから、、、、死、、、で、そのあとはなんなんでしょ、、、

最近は「前世」というものも信じられてきているようですが、

まだ自身の中で明確にそれを認識している人はごくわずかです。

つまり多くの人が「死んだらわたしっておわり?」と思っているわけです。

こういった状態なので

「必ず来る、、、でも正体がわからないので、できれば来てほしくない、、、」となり、

そしてその思いやストレスをどうクリアにする??となって、

様々な宗教、医学、科学などの分野が「あーだ、こーだ」言っているわけです。

「こうしたらすこしは楽でしょ」的な感じで。

なので

真の解決には至っていません。

まあ、この「死」の問題を解決してしまうと

分離を利用して人々をコントロールしようとしている者は

コントロール不能になってしまうので困るわけです。

なので、ずっと解決しないようにフィルターをかけて真実を見えないようにしています。

「死ぬのは怖いよー」「死んだら終わりだよー」と言い続け

「殺されないようにね」「衰えないようにね」と策(柵)を設け

恐怖している人々を手元に置くようにするわけです。

で、ホントに

人々の恐怖を克服するように策をたて実行し

実現しているのかと言ったら全くそうではないわけです。

多くの人たちが殺され、衰えていっているのです。

多くではなく、、、すべてといっていいですね。。。

これはそれをコントロールしている輩がわざわざ殺していっているというよりは

自動的にそうのような事態になっていくのです。

分離のマジックにかかっていると

自動的にその道になっていくのです。

ベルトコンベアーのように運ばれるわけです。

なんの解決にもならないそのベルトコンベヤーで運ばれているその過程で

人々はなんとか「死」の恐怖から逃れるために

そこから目をそらすものをいろいろゲットし、自分に害がおよばないように武装します。

しかしその恐怖は解消されません。

なぜなら、そうやって武装して武器を持ち盾をたてている状態は

まさに恐怖の最中にやることだからです。

それがそのまま形になります。

真に恐怖が解消されているとしたら

それは

武器を手にすることも盾を設けることも必要ない状態のはずです。

恐怖ではなく安心の中にいるわけですから

戦うこともないし、逃げることもないわけです。

でもいま地上では

戦い続けています。

邪魔なもの、、自分とは正反対ものと対自したときは戦う!

それが「安全、安心」を手にする方法なのだと。

しかし、繋がっている領域からすると

「自分を守るために相手と戦い殺す」という行為や心は

まさに

「自分自身を殺している」と等しいのです。

すべてが繋がっているわけですから

戦おうとしている相手も「自分自身であり家族」なのです。

その相手を

そうとは見失って自由を奪う、、、、

それは結果自分の自由を自分で奪っている、、、、様、、、、

繋がっている領域からすると非常に頭をかかえる行為です。

でも、繋がっているところからは

それが分離からくるものだということもわかります。

自分と繋がっている存在たちを見失って、

寂しくなり、それを解消するために強くなろうとして鎧兜をきて

さらに見えなくなり、目の前に現れたものを

正体不明の不審者と思い込み、恐怖のあまり排除しようとする、、、、。

そして排除した側も

引き続き、武装と恐怖へのストレスで疲れ衰え、機能しなくなります。

この道筋が分離のマジックの効果です。

繋がっている領域では

このマジックはまったく通用しないので

「安心、安全」をゲットしてそれを持続し続けるにはどうしたらようのかを知っています。

、、、、

、、、

、、

まあ、それは、、、

繋がっていることを実感するだけなんですけどね。。。

そのことにフォーカスするだけでマジックから解けます。

そのマジックから解けているところからは

まず、武装し、盾を設ける必要がないので、殺し、殺されるなんてこともありません。

さらに真の安心、安全の中で人々が社会を構築しているので衰えることもありません。

なぜなら

真の安心、安全が実現しているということは

衣食住も安心、安全ということです。

しかもそれは人だけではありません。

そこに存在するものたちが共有できる安心と安全です。

その環境に存在するものたちは意識と連動することによって

決して劣化しないのです。

その者がなりたい自分になれ、進化しかないのです。

その進化の過程でいまのボディを離れ、別の領域に旅をしてさらに進化を続けるという道があるのです。

つまり、自分の意思とタイミングで「死」、、つまり「変革」を遂げるのです。

そしてそれはもちろん自分だけのものではなく、社会全体から祝福されるセレモニーなのです。

そのように役目を変化、進化されていくのです。

ですので、繋がっている領域では

「できれば避けたい死」はなく、「確実に歩んだ成果の変革、進化」なのです。

|

« 寂しさ (分離と接続) | トップページ | 時間 (分離と接続) »