« スポーツ (分離と接続) | トップページ | 政治 (分離と接続) »

2016年6月23日 (木)

税金 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

ありません。

お金が必要ないので

そういった制度もありません。

理由:

地上でいう税金というのが

繋がっている領域では「その人の心、動き、すべて」です。

繋がっている領域は

そういったものすべてで社会が成り立つと認識されています。

お金、そしてそれを集める「税金」という制度では

成り立たないことを知っています。

今、地上では「税金」は当たり前のことで

それをたくさん納めることはよいことであるとされています。

そして

この制度は

その人がいる社会をその人の力も使って形成するというものです。

そして人によって使われる力の大きさも変わります。

たくさんお金を持っている人はたくさん出すように、、、とか。

それでみんな平等に力を使うことになって社会も成り立つ。。。と。

しかしこれは理想であって実現はできていません。

多くの人がたくさんは出したくない!、、、、と思っています。

で、実際に出したくないから、隠したりして~~

で、ちゃんと出してもらうためにたくさんの策がたてられて、、、

出さないと罰を与えるぞ!って、、、、

わお、、、、これってなんなのでしょう、、、???

よい社会を作りたいと思っているはずなのに、

それに対して自分の持っているものはあまり出したくないと思ったり、、、

出さないら痛めつけるぞ!、、、って強盗みたいなことしたり、、、

もうめちゃくちゃです。

分離を前提として作られている「お金」そしてそれにまつわる

「税金」という制度は

それを離したくない!という意識から

制度が成り立たなくなる矛盾を生じさせてしまうのです。

繋がっている領域では

お金ではなく、その人自体が価値ある存在なので

その人の力を全部発揮してもらい社会を成り立たせます。

もちろんその人は犠牲だなんて思いません。

ぜひ使って!ってなります。

もっとみんなの役にたつには!ってなります。

しぜんと。

だって本当にそれで社会もその人もよくなり進化できるわけですから。

みんな(人だけじゃありませんよ)でこの社会(生態系)は成り立っていることを

忘れなければ、ごくごくしぜんにできることです。

|

« スポーツ (分離と接続) | トップページ | 政治 (分離と接続) »