« 自由 (分離と接続) | トップページ | 分離のマジックに惑わされないで、、、、 »

2016年6月11日 (土)

宗教 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

神という存在に対する宗教観はあります。

ただ、たくさんの思想の違う「◯◯教」というものはありません。

ただひとつ

「神(すべて)と自分は一体である」という元となる教えはあります。

すべては繋がっている意識からの教えです。

理由:

地上ではたくさんの宗教がありますが、

繋がっている領域ではただひとつです。

そして

地上の宗教では「神」と「人」は別々の存在とされていますが、

繋がっている領域では「神」と「人」は同じひとつの存在となっています。

まあ、地上の教えの中には「神と人は一体である」と伝えているものはあるのですが、

残念ながら、それが形にはなっていません。

例えば~

日本の神道。

八百万の神、、、これはすべてのものには神様が宿っている。。。という素敵な教えなのですが~~

その日本にいるわたしたちは、まわりの存在たちを自分たちも含めて神様と同じように向き合ってはいません。

実際、、、、神様なんて「思想」の産物でしょって感じです。

なので、お祈りのあとはまたすぐにもとの生活にもどったり、

決まった日がくると神様に心を向けてみる、、、といった感じです。

他の宗教では

「神」と「人」は別の存在で人が目指すものではなく

言うことを聞くことが役目となっています。

実は地上での宗教もその原型は「神と人は同じ存在である」となっています。

(導く役目のある人は神と人は一体であることを体験しているはずです)

しかし、分離していることが前提で、その体験を捉えたり

伝えたりすることでおのずと「分離のマジック」にかかり「神」と「人」が分離してしまったのです。

これはかな~~り昔にかかったものなのですが、

未熟な成長段階にある過程では、どうしてもこの「分離のマジック」にかかりやすいのです。

そのために長い歴史の中で地球(地上)は「人も神である」ことを忘れさせられてきたのです。

神には逆らってはいけない!

崇めなければならない!、、、と。

この思想は今のようなたくさんの教えの違う宗教を発生させます。

なぜか、、、、

まず、今のわたしたち人間は非常に未熟な状態です。

ですので、神を崇める、、という意識もある意味自然なことなのですが、

なにせ未熟なので、それを徹底できないのです。

、、、、

、、、

、、

とある町で、、ある思想のもと「神を崇めよう」とみんなで決めたとします。

しばらくは大丈夫でしょう。

でも少しすると、、、それとは反対のことをするものが現れます。

「できない者」「疑う者」「無関心の者」、、、、。

これは未熟なので仕方のないことでもあります。

自分で「やるんだ!」って決めたとしてもそれが徹底できないのです。

そして

それに対して対処するわけですが、未熟、さらに分離の意識から作られるのは

「多くの規則」と「罰」です。

さらにそれを維持管理していくための組織が作られます。

これが今の「宗教団体」となります。

神と人は一体である、、という教えの宗教があったとしても

分離が前提のもと捉え、作られてしまうと、

「この教えを!この組織を!守らなければ!続けなければ!」となって

神とともに歩む、、よりは、神を守り、隠して見せなくするようになります。

「大事なんだから!」と言って。

このような形で各地で様々な思想の宗教が生まれます。

そしてそれをもっともっとと拡大しようとして、、、、

出会った相手を非難し、攻撃し、戦います。

(見えるところでも、見えないところでも!)

これが今の地上の宗教の現状です。

繋がっている領域からすると

正気の沙汰ではありません。

成長段階の未熟な自分たちの有様を忘れ、

神の教えではなく、自分たちが作った組織を守るための教えを

神からの使命と解釈して、他(実は本人)を傷つける、、、、

自分で自分を刺している、、、なのにそれに気づいていない、、、、

、、、

やばいです、、、、

なにがやばいって、、、、

これってなかなか止められないってことなんです。。。

なんせ、気づいていないわけですから。

自分で自分を刺してますよ~と言っても、そうとはまったく思っていないわけですから

「なに!言ってんだ!」「ふざけんな!」「痛い!!誰がやってるんだ!!」とかえってくるだけなんです。

この状況を見失っている以外になんていいましょ、、、、

本当に今の地上の人たちが未熟ではないとしたら、、、

しっかりとした人間である、、、としたら、

なぜ、今こんなことになっているのでしょう???

世界中の宗教観の違い、思想の違いで戦っている方々よ、、、

あなたが本当に優れていて、みんなを導ける存在なら

なぜ、もっと早く!まともな世の中に導いてくれないのですか?

あなたが優れている人なら、すべての人の思想をまとめることだってできるんですよね?

あなたじゃなくて、崇めている神さまが本当にすごい存在なら

なんで、もっとそのすごさを出してくれないのですか?

戦いが一向に終わりませんけど、、、、?

戦いがさっとすぐに終わってくれる教えはないのですか?

すごい神様なんですよね?

ずっと必死に戦わないとダメなんですか?

ということは相手にはもっとすごい神様がいるかもしれないってことですか?

あ~!

わたしたちが未熟なのでこの戦いはちゃんとするための試練、罪滅ぼしだと、、?

、、、、、、、

ん~~??

なんで?

戦うことが試練や罪滅ぼしになるんでしょう?

だって、今まで同じことじゃないですか?

同じことをするんじゃ、、、まあ慣れていると言いますか、、、

いつもの通り、ダラダラしててもそうなりますよ。

そんなのなんの罪滅ぼしにもならないと思いますが、、、、

今までとまったく真逆なことをしなければならない!、、、とかなら試練だ~~!ってなるかもしれませんが。

試練というよりはただ何も思いつかないからやってるようにしか見えませんが、、、、

掘り下げてほしいんですがね~~

自分たちの信じている教えがなぜすぐに形にならないで

ヒーヒー言いながら戦いを続けなければならないのか、、、、

そこに

素晴らしい教えがあるとして、それをやってるならなぜ

あなたは安心せずに、いつも恐怖し戦いをしているんですか?

、、、、

、、、、と、その彼ら(戦っている人たち)に言っても

分離のマジックの壁はなかなかのものです。

言葉では通じないのです。

その壁を無効に貫通するものがあります。

愛の心です。

戦う心ではなく、慈しむ心です。

それだけが分離のマジックを無効にします。

繋がっている領域では「愛」を採用しているので

たとえ違う道を歩んできた者同士でも戦うのではなく、慈しみ育みことができること知っており

実践しています。

そうすることで違う思想の者同士だとしても

それぞれの目指すところを揺るがさないことで個性として活かされるのです。

なので、繋がっている領域では

ただひとつのもとの教えがあればよいのです。

みんな等しく、神の存在である。。。と

|

« 自由 (分離と接続) | トップページ | 分離のマジックに惑わされないで、、、、 »