« ダム (分離と接続) | トップページ | 地球 (分離と接続) »

2016年8月 4日 (木)

地下 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

各星々の地殻の中にはたくさんの自然の空間があり

それらを存分に活用させてもらいます。

理由:

たとえば

地球の地下は人類が生活する上で必要なエネルギーの効率に優れていて

尚且つ、まわりの環境に与える影響を最小限にすることができるのです。

もちろん、今の地上の生活形式をそのまま持っていくことは不可能です。

経済を主体とした社会ではなく、自然の営みを主体とし、

「自分たち人間が自然の一部であり、地球という命を担っているメンバー」であると

認識する必要があります。

そうでなければ、場所を変えても、その場所は新たに破壊されるだけですからね。

「もっともっと」と求めたり、

奪い合って戦ったり、邪魔だから消そうとしたり、、、。

それでは地下だろうが、どこでも同じことが起きるだけです。

今、人類が地下で問題なく生活するには

意識の変化が必要ということです。

それは人類のためでもありますが、

地下でよりよく(快適に進化しながら)生活するには

すでに地下に存在するたくさんのコミュニティーのためでもあります。

彼らはすでに分離を前提とした選択は無効にし、

「すべては繋がっている」だからこその選択に変えています。

それのおかげでそのコミュニティー同士が平和を築きながら機能し、

自由に行き来できるのです。

それに参加するにはある周波数に達しないと無理なのです。

それが宇宙の法則です。

すべては振動し、影響しあっている。。。。

まったく違う周波数同士は噛み合わないわけです。

今の地上にある電子機器もその性質をつかって情報のやり取りをしているわけです。

まあ、今は多くのアナログが「0」と「1」のデジタルに置き換えられていて

「波」「振動」という印象が薄くなってしまっていますが、、、

これも分離を前提としている意識から作らています。

分離していない波を切って切って、細かくして「0」と「1」にして情報を得ようとする。

この方法ですと、

ある程度までは細かく知ることはできます。

しかし、その全体像やそれの真実の姿を知ることは無理です。

意識の中で対象を分離し、見ている部分しかないと思い込んでしまうのです。

、、、と話はそれましたが、、

すでに

平和の周波数に達している地下のネットワークに参加するには

自分がすべてとつながり、この地球の命を担っていると自覚する必要があるのです。

それに達したとき

それに必要なすべてがギフトとして贈られるのです。

そのネットワークは

すべてを共有します。

それぞれを認め合っています。

自由に行き来できます。

お金は必要ありません。

みんなで地球(自分たちも)がよりよく進化できるよう努めています。

地震やマグマの影響を受けないで快適に生活するテクノロジーを持っています。

そして

彼らは

「地球の中身は詰まっているのではなく空洞です。

その空洞にはセントラルサンがあり、太古から存在する自然がそのままになっています」

と言っていまーす。

|

« ダム (分離と接続) | トップページ | 地球 (分離と接続) »