« テレパシー (分離と接続) | トップページ | 「分離の心」と「接続の心」の違い »

2017年2月12日 (日)

電気、電力 (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

電子(電荷など)それを取り巻く様々な要素や性質を理解していますので

いま、地上で使われている電力(電荷の働きを利用したエネルギー)ではなく

別な方法で電子の意識、動きを使っています。

もちろん、それによってのまわりの環境へのダメージはありません。

無害でそのエネルギーを生み出します。

理由:

電気というのは

電気の要素を持ったえらく小さな粒子たちが移動することで生み出されるエネルギーを言いますが、

まさにその移動することだけを利用しているおかげで

なかなか制御できない現状になっています。

人の意思、都合で

道を作り、その道を強制的に行き来させる方法なので

粒子たちは自由に力を発揮できずに即座に別なものに変換させてしまいます。

繋がっている領域での科学というものは

ひとの都合だけでそういったものを使い、作ることはしません。

その素材たちとの対話、そしてそこから導き出されたよりよい方法を

採用して使う側、使われる側双方が協力して作り出されます。

情報では

地下の人たちは

タービンをまわして作る電気ではなく

電磁力や水晶エネルギーなどを使って快適に暮らしているそうです。

それにほんとうはタービンなどを回さなくても

電力というのはすでにこの空間にほぼ無限に存在していてそれを抽出できれば

電気はフリーのはずですが、

それらエネルギーを利用する我々が未熟なために、その理論やテクノロジーを

知っていながら、自分たちの生活に取り込めないでいます。

フリーだとお金儲けできないですからねーー笑

|

« テレパシー (分離と接続) | トップページ | 「分離の心」と「接続の心」の違い »