« 「分離の心」と「接続の心」の違い | トップページ | 天国 (分離と接続) »

2017年5月 1日 (月)

デモ (分離と接続)

前提が繋がっている場合:

ありません。

デモする必要がありません。

何か訴えたいことがあれば

ちゃんとそれを、みんなや必要な人たちが聞いて、受け止め、

解決への道を進むことを助けてくれるサポート体制が整っています。

理由:

まず、何かに対して不満があり、それを訴える手段としての

「デモ」では、その不満が解消されることはないということです。

たしかに今までの歴史で

デモをして何かのルールが変わったなどの事例はあると思いますが、

残念ながらそれでそこにあった問題が全部きれいに解決しているのかと言ったら

そうではないはずです。

訴えて、みんなに知ってもらって、ルールも変わったけど、、、

また

見えないところ、少し離れたところ、違う形で必ず同じようなことが起きているはずです。

、、、、

ではなぜ、デモでは根本的な解決にならないのでしょう。。。

まず

なぜデモが起きるのか、、、、

これは

たくさんのひとに「とある何かの共通した不満」があり、

なおかつそれをまわりの人たちが知らない、、、

なので、それを知ってもらい、さらに賛同してもらい、

その不満を解消したい。

という状況なわけです。

そしてこのデモが発生するメカニズム自体に

繋がっている領域からすると多くの矛盾が発生しています。

この矛盾がその大衆の願いの方向性を歪ませ、希望した形を現実化できない状態にします。

では

どこが矛盾しているのか、、、

何に対して矛盾しているのか、、、

これは

「社会」という集まりがあるとして

その社会をよりよく運営していくには、、、という視点からすると矛盾するということになります。

まず

最初の「たくさんのひとに不満がある」ということが矛盾しています。

ひとりの人の不満ではなく、たくさんです。

しかも共通してる不満です。

、、、

「社会」というものは全体で機能するものです。

その「社会」が多くの人の不満をそのままにしてる時点で

「よりよい社会」ではないわけです。

「社会」として機能していないのです。

まともな社会であれば

ひとりの不満をそのままにして増幅させてしまうようなシステムは決して採用しません。

で、

問題を解決するのではなく増幅させてしまうわけですから

デモだろうか、なんだろうが、訴えてもダメですよね。。。。。

そしてデモをしても変わらない原因は

もうひとつ(片側)あります。

じっさい

多くの問題を有しているのは

この社会のシステムのせいのように思われるかもしれませんが、

そのシステムを採用して使っているのは

その社会の中にいる人々です。

つまり

問題だらけのシステムを採用している

人々にこそ問題を解決できない原因があるのです。

しかし、

残念ながらデモをしている人たちはそうとは思っていません。

「問題の原因は自分たちにあるのではなく、他者もしくは相手側にある」

「こちらはおかしくない、そちらがおかしいのでは?」

として訴えています。

なので

「何々反対!!」「何々をやめろー!」「何々はだめ!」

という訴えの内容になっています。

この思いは

長い間、何かを強制されてしまっていることで起きてきます。

そして耐えられなくなり、、、抵抗していきます。

強制されて「問題のない社会」を築くのは不可能です。

今までの歴史が証明しています。

では、中の人たちにはどんな特徴があるのでしょう。。。

見てみると、、、

そこにいる人々の対話能力、、、察知能力、、、様々なものが

かなり低下していることがわかります。

それらの技がみがかれていれば、

たとえ何かの問題が発生したとしても

対話を通して、サポートを受けられ、対話を通して進化できるのです。

しかし、そういったことをせずに長い歴史を来ているために

自分自身がよりよく活動できる空間を生み出すことができなくなっています。

自身の船を出すことができない状態なのです。

それで多くの人が乗っている船に乗ろうとしています。

結果

今まで乗ってきていた船に対して

文句を言いだすわけです。

「おい!なんで楽園につかねーんだよ!」って。

これは船に乗っていたとしても自分がクルーとして役目がある!というよりは

お客の気分になっています。

まあ、、、お客だとしてもマナーがあると思いますし、

船をよりよく目的地まで航行するためにはその船に乗っていることを自覚し

協力しなくてはなりませんよね、、、

しかし残念ながら、乗っている人たちに

「みんなで協力して目的地に行こう!」という自覚がなくなっているために

「自分はできるだけ大変にならずに目的地に行こうっと、、、、」となっています。

このために

船、、、つまり社会はうまく運営できなくなります。

問題の発生する社会です。

その社会の中にいる人たちが自分たちの役目を自覚し、

懸命に果たすことで問題が発生したとしてもそれを解決できる社会が生み出されます。

デモが起きる社会は

その社会のシステムとそれを選択している人々に原因があるのです。

つまり

それを解決できるか否かも

そのシステムの進化と人々次第なのです。

どちらか一方のせいではないのです。

|

« 「分離の心」と「接続の心」の違い | トップページ | 天国 (分離と接続) »