« 幽霊(分離と接続) | トップページ | 妖精(分離と接続) »

2017年8月25日 (金)

夢(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

夢、、、寝ている時に見たり、体験したりする記憶は。。。

現実であると認識されます。

理由:

まず、現実でないものはありません。

すべては

たった今起こっていることです。

幻想や妄想、錯覚というのは分離した意識の中だからこそ起きます。

繋がっている意識の中では

寝ている時も覚醒しています。

ボディから意識が飛びだし、様々な体験が可能です。

その自由度により様々なことを体験し学ぶことができるのです。

ボディがあってはできないこと

ボディがあるからこそできることを学びます。

そして、寝ている時の夢ではなく

自分が目指す「夢」もありますが、

この夢も現実です。

実際に形になります。

その夢は何かを破壊したり、自由を制限したりするものではありません。

すべてが平和の中を歩めるように、、、という夢です。

繋がっている領域では

それを形にすべく、自分もまわりも心し、実践するので実際にそうなるのです。

夢を諦める。

夢を妥協する。

夢は叶わない。

などは

ありえません。

|

« 幽霊(分離と接続) | トップページ | 妖精(分離と接続) »