« 反抗期(分離と接続) | トップページ | 光(分離と接続) »

2017年8月24日 (木)

火(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

いわゆる、ユラユラと見える「火」は使用しません。

理由:

火の影響によってその対象には大きな変化がおきます。

その変化は本来の姿から大きく変化します。

そしてその詳細は炭になっていくということなわけですが、

これは生命体にとっては素にもどる、、、

すなわち、生体エネルギーがなくなることにもなるのです。

なので、

繋がっている領域では

火は使いません。

「熱」というエネルギーはもちろん使いますが

熱を起こすために火は使いません。

食べるものに熱を使う場合も

火で焼くのではない形で熱を加えます。

|

« 反抗期(分離と接続) | トップページ | 光(分離と接続) »