« 平和(分離と接続) | トップページ | 魔法(分離と接続) »

2017年8月24日 (木)

法・法律(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

平和を形にする法です。

内容はとても繊細ですがシンプルです。

何かを制限しまくる法ではありません。

理由:

繋がっていることが前提の場合

その社会にいる人たちを締め付ける法は存在しません。

その必要がありません。

すべて「愛」「ひとつである」を基準としています。

今の地上にある法も

「愛」「皆家族」「平和」を基準としています。

が、分離していることが前提での意識、そしてそれに基づく選択のために

本当は「愛」を基準にしたいのですが、

「愛」が分離してしまい形にできず、、、

「愛、平和をなんとかして!どうにかして!形にしなくては!」という法になってしまっています。

そして

形にできないのは「だらけているからだ!」として

自由はNGにして色々、強制しています。

神や愛の名の下に。。。。

しかし、今までの歴史が物語っているように

いくら平和のためとはいえ、人々を強制するようにして「永続する平和」を得られたことはありません。

繋がっている領域の人々はそのことを知っています。

自らが歩んできた道でもあるからです。

その歴史を繰り返さないために

今までの法を捨て、新たな法、意識を選びました。

戦い、脅し、強制するのではなく

慈しみ、愛し、自身の進化を選んだのです。

戦いは、相手を自分よりも怖い存在に変化させます。

相手を打ち負かす武器を開発すれば、相手はさらにそれを上回る武器を開発するのです。

そして最後には共倒れになるのです。

愛は、相手を、自分を愛す以外に何もありません。

それを受けた相手次第です。

そして愛が広がるだけです。

つまり自身の存在が進化し大きくなっているとも言えるのです。

愛で周りの存在たちを癒すことができます。

そしてその法は

宇宙の中で常に有効です。

その法で宇宙が成り立っていることを

繋がっている領域の人たちは知っています。

なので、その法に背くよりも

共に行く方が自由に平和に宇宙を旅し、探求できることを知っているのです。

|

« 平和(分離と接続) | トップページ | 魔法(分離と接続) »