2017年8月25日 (金)

「分離の心」と「接続の心」の違い

今、地上にある問題のすべては「分離」した意識の集合から生み出されています。

「あなたとわたしは別。」

「わたしは何も持っていない。」

前提が「自分には何もない」、、という意識が今の様々な現象を形にしています。

何もないので、希望のものを得るために探し、求め続ける意識、生き方です。

この分離のマジックにかかったまま意識が拡大、集合すると今の現状ができあがります。

しかし「分離」の反対の「接続」を前提とした意識で行動すると

今までのありとあらゆる問題は解決します。

それぞれの項目が

つながりを前提とした場合、どのように変化し、機能していくのかを記させていただきます。

ご希望の項目をクリックしてくださいませ。

・8月25日

反抗期秘密病気文化・文明平和法(法律)

魔法未来目(視力)問題UFO幽霊

妖精陸上輪廻霊界歴史 までをアップさせていただきましたー

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

悪魔

アセンション

あそび

雨(天候

意識

宇宙

エゴ

エネルギー

大人

科学(科学技術)

学校

家族

金(お金)

環境

感情

木(樹木)

気候

教育

金属(鉱物)

空気

子供

芸術

芸能

結婚

健康

建築

公園

交通

ゴミ

コンピューター

お魚

お酒

作業

寂しさ

時間

仕事

自由

宗教

重力

商業

情報

睡眠

ストレス

スポーツ

税金

政治

選挙

戦争

選択

体力

食べ物(食事)

楽しさ

ダム

地下

地球

地上

辛さ

釣り

テレパシー

電気

デモ

天国

天使

電話

動物

日本

人間

年齢

農業

乗り物

波動

パニック

反抗期

秘密

病気

文化・文明

平和

法(法律)

魔法

未来

目(視力)

問題

UFO

幽霊

妖精

陸上

輪廻

霊界

歴史

上の項目以外にどうなるのかお知りになりたい項目がありましたらご連絡くださいませ。

右のプロフィールからアクセスください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

何か、特定の存在、組織だけに都合のよい歴史認識などはありません。

なので、それによっての争いもあり得ません。

誰でもそれを振り返ったり、観覧が可能です。

すべて事実に基づいたものだけが記録されます。

隠されるものなどもありません。

隠す意味がありません。

歪める必要がありません。

歪め、隠したとしたら、その歪め、隠した歴史も記録されます。

当たり前ですよね。。。

理由:

誰かの都合で歪められ、修正された過去の出来事は歴史とはいわず、

ただの「さびしい、うそ」となります。

繋がっている領域では

うそは通用しません。

そこからは何も得られないのです。

進化のために必要な情報は真実の中から導き出されます。

そのためにありとあらゆる方法で

真実の情報を記録、保存しつづけています。

そして決して消えることはありません。

これまでの地球の歴史もしっかりと保存されています。

それは人類からの目線の歴史ではなく

すべての存在たちの立場からの歴史です。

それが真の歴史です。

|

霊界(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

精神だけの存在して役割を果たしている領域はあります。

理由:

幽霊の世界というと怖いイメージがありますが、

単に次元上昇した存在たちがわざわざボディを持たずに仕事をしている世界なので

別に怖いことはありません。

私たちボディを持っている存在よりも自由であり

そして意識的にも数段進化している存在です。

ですが、

残念なことに自分の意思で旅立っていない存在や

無理やりに死を迎えた者たちは

自分がボディを失ったことを認識できずに

この次元をさまようこともあります。

それもこの地上の状態がとても重たい意識の中にあるせいです。

「すべてのことは分離している」が前提での生き方になっているせいで

自分の選択すべき道や方向を見失ってしまっています。

本来

霊界、、、スピリットの世界とは

本当は新たな領域に旅立つための中継地点であって

苦しい、寂しい思いを留めておくところではありません。

次に選択したい道を自由に選ぶ空間なのです。

|

輪廻(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

当たり前ことです。

それの繰り返しで、わたしたちは存在します。

理由:

単純に

突然、現れた。。。という説明よりも

だんだんと変化してきた。。。という説明の方がしっくりきませんか?

現に今の科学でも「進化してきた」というような捉え方をしているわけです。

まあ、その理由については解明されていませんが、

そういった変化する性質のものであるということは確認できています。

その角度からみても

今の自分からまた別のものに変化していく。。。

という捉え方は自然なのです。

輪廻(また生まれ変わって)という解釈が

一部の宗教の教えや、特定の人たちにしか浸透していないのは

まさに分離していることが前提での考えで「死」を捉えているからです。

死んだら終わり。

肉体が動かなくなったら終わり。

という価値観が「輪廻?まさか~~」とさせています。

繋がっていることが前提で生命活動をすると

死は終わりではなく、変化、変容、進化であると認識されます。

つまり、人からまた人に生まれ変わるということだけではないということです。

まったく別の形態に変化する場合もあるのです。

そしてそれはもちろん

自分の意思で選択するのです。

それが進化であり、生きているということです。

今もわたしたちは常に死と生を体験しているはずです。

このボディにしても細胞たちはつねに生まれ変わっているのです。

どんどん新しいものに生まれているのです。

しかし、現代のわたしたちはそれをほとんど認識せずに

日々を過ごしています。

|

陸上(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

自然の営みのままにします。

人はでっきるだけ介入しません!

人以外の存在たち、、、

動物さん、植物さん、様々な存在たちのホームであり、生命活動と進化の場です。

理由:

今、この地球の土地(陸上)は人が棲み、生活する場所としては

厳しい側面をかなり有しているのです。

人々が平和に快適に暮らすためには過酷な環境なのです。

現に

自然のそのままの営みは「災害」となっています。

そこに無理に住めば、、、、

それなりの苦しい事態が訪れるのは必然です。

それでも人類は自然の営みの流れを自分たちでコントロールできないか、、と必死です。

そのために自然のままではなく

人の都合にあうようになんとかしてあーだこーだしています。

水の流れを変え、風の流れを変え、樹木たちを切り、他の生命体の生活の場を消し、殺しています。

そしてこの行いの弊害もすでに多く出ています。

繋がっていることが前提での自然とは

まさに字のごとくそのままにします。

そして人々は陸上では暮らしません。

みんな地下にある空間を拡張し快適に暮らします。

地上に出ることももちろんありますが、

自然の営みを崩すような行為は一切しません。

だって、人以外の生命体の大切なお家ですから。。。

他人の家に勝手に入り、破壊する、、、、のは

頭のよい生命体がすることではありません、、、、よね?

|

妖精(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

存在していますし、もちろん対話もできます。

今、地上で妖精や精霊の存在が見えない、わからなくなっているのは

まさに自然の営みとかけ離れた生命活動のせいです。

理由:

地上の人々の意識の周波数がもっと精妙であれば

妖精さん、精霊さんたちは現れてくれます。

今の地上の周波数はかなり荒く重たいために

彼らが自由に活動するのにはかなりきつい状態なのです。

とはいえ、とても調和のとれている場や空間は存在しますので

そういった場所では目にすることもあります。

しかし基本的に

「いない!」と思っている存在に

わざわざ「いるよ!」と見せびらかすことはしません。

昔は地上でも彼らとの対話を大切にしていた民族や人たちはいました。

そうやって共同で自然のサイクルに適した生活していたのです。

が、物質主義になった現在はそれらの協力体制もわずかになってしまっています。

|

夢(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

夢、、、寝ている時に見たり、体験したりする記憶は。。。

現実であると認識されます。

理由:

まず、現実でないものはありません。

すべては

たった今起こっていることです。

幻想や妄想、錯覚というのは分離した意識の中だからこそ起きます。

繋がっている意識の中では

寝ている時も覚醒しています。

ボディから意識が飛びだし、様々な体験が可能です。

その自由度により様々なことを体験し学ぶことができるのです。

ボディがあってはできないこと

ボディがあるからこそできることを学びます。

そして、寝ている時の夢ではなく

自分が目指す「夢」もありますが、

この夢も現実です。

実際に形になります。

その夢は何かを破壊したり、自由を制限したりするものではありません。

すべてが平和の中を歩めるように、、、という夢です。

繋がっている領域では

それを形にすべく、自分もまわりも心し、実践するので実際にそうなるのです。

夢を諦める。

夢を妥協する。

夢は叶わない。

などは

ありえません。

|

幽霊(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

いわゆる

こわ~~い幽霊はいません。

怖くない幽体の存在はいます。

まわりの人たちももちろん認識しています。

理由:

繋がっている領域では

ボディを持たずに役目を果たす人たちもいます。

彼らの中にはとても進化している存在もいて

自らの意思でボディを即座につくりだしたり、

無くしたりもできます。

自分のミッションに肉体が必要であれば

それを形にして役目を果たします。

それが終われば、また肉体を分子レベルに戻し、

スピリットだけで移動します。

まさに自由にどこにでも。

今の地上で

幽霊、怖い!となっているのは

まず、「見えない」「正体不明」そして「事故」「事件」「死」を連想させて、そうなっています。

これはまさに

分離していることが前提での発想です。

肉体を持っていなければ、得体の知れないもの、、、と決めつけてしまう。

肉体を持っていなければ、他人のように、、、忘れてしまう。

肉体を持っていなければ、ちゃんと、生きてるとは言えない。

繋がっていることが前提での発想では

こういったはあり得ません。

肉体を持っているいないに関わらず、全部、つねに生きています。

たとえ、ボディの役目が終わってもその人の心(スピリット)の旅、使命は終わりません。

繋がっている領域ではボディを去ることは次へのステップであり、進化です。

なので、自分自身で自覚して去ります。

今の現代のように、自分の意思とは関係なくボディが破壊されて動かなくなったりはしません。

なので、ボディを去った存在とも心と心で会話することが可能ですので

不明でもないし、死んでもないのです。

ゆえに怖い存在ではないのです。

|

UFO(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

UFO(未確認飛行物体)ではなく

すべて認識され、確認できる乗り物、宇宙船となります。

理由:

繋がっている領域での科学技術の基本は

関わってくれる素材たちとの交信し、

そして平和を形にするものです。

そこから生み出されるものは

安全であり、決して他者に対して害のないものです。

繋がっていることが前提での文明から作られる船というのは

そういった素材たちで構成されています。

今、地上で実際(フェイクもありますが~)に目撃されているUFOは

目的があって現れています。

よく「偵察している」と言われますが、

偵察は別に目撃されなくてもできます。

わざと見てもらっているのです。

答えはわかりますよね?笑

「わたしたちもいますよ~」というお知らせです。

「未確認のままじゃなくて確認してもらえるか~い」と。

ではなんでもっとはっきりと出て来ないのか??といえば、

たった今

地球と友好関係を結びたいという存在や

宇宙船が目の前にはっきりと現れ降り立ったら、おそらく地上はパニックになるでしょう。

もちろん歓迎する人もいるでしょうが、、、かなり少ないでしょう。

ほとんどの人は逃げるか、攻撃するか、卒倒するかでしょう。

こんな状態では決して降りて来られません。

ですので、少しずつ、ちょっとずつ見せてくれているのです。

そのタイミングや場所もしっかりと厳選されたものです。

適当には決して現れたりはしません。

全部、必然でおきます。

ただ今までの地球の歴史では

繋がっている領域からのアクセスだけではなく

分離した意識の存在たちも来ていました。

彼らの宇宙船を目撃したという話もあるわけです。

そして彼らの乗り物は壊れたりもしますので

それらが色々と作り話しや憶測をうんできたのです。

|

闇(分離と接続)

前提が繋がっている場合:

闇は忌むべきものではありません。

理由:

繋がっている領域でも「闇」は闇として認識されていますが、

捉え方の幅がまるで違います。

今「闇」と言えば、、、、

暗い、怖い、悲しい、苦しい、嘘、不正、悪、またそれにつながる組織や思想、、、、

と、良くないイメージだと思います。

、、、

それはまさに

分離していることが前提での考え方で

「闇」の一部分だけを見ている状態です。

そして

その一部分とは、、、

人類の歴史で「都合の悪い」部分のことです。

その人にとって知られたくない歴史です。

その一部の都合の悪いところを集めたものが

今の「闇」、、忌み嫌われる闇です。

またそれを持っていることも嫌われる原因になるので隠してさらに暗闇に見えなくします。

このやり方のせいで

人類の歴史は相当に歪められて伝わっています。

真実ではなく、少しの人の立場が崩れないようにするための歴史になってしまうのです。

こういった歴史感や価値観では

都合の悪い歴史をコントロールするための悪魔や悪の組織が創造されるのは当たり前です。

繋がっている領域には

都合が悪くて隠しておかないといけない歴史はありません。

どんな歴史もそれを求めれば知ることができます。

どんな歴史も忌み嫌うのではなく

その歴史から進むべき道を導き出すことができる、貴重な財産なのです。

何も隠されていない(隠すことは無理!)からこそ

そこから必要なものを引き出せます。

最適に。

隠されていたり、特定な人たちだけが知ることのできるような歴史では

それがどんな道筋で築き出されたのかがわからないために

結局は同じことを繰り返してしまったり、さらに先に進めなかったりするのです。

まさに

現在がそうです。

今の地上にある「闇」の問題を解決するには

たった今の人類皆が自分たちの歴史すべてを受け入れて

謙虚な心になるしかありません。

それによって、

真の光が発せられ、今まで闇に隠されていた情報にも光が届けられるのです。

光が届くということは、、、、

例え、だれかのあまりにひどく賞賛できない歴史だとしても、、、

実はそれは「誰かの!」ではなく、過去の自分自身であると認識されるのです。

なので、まわりから避難される歴史はなくなり

本来、観覧自由なのです。

それが真の歴史であり、闇の役目です。

光と共に過去を詳細に現すことが闇の役目なのです。

|

より以前の記事一覧